お湯のおしりふきコットンは必要?お湯のおしりふきコットンの使い方

2019年6月17日子供, 子育て, 育児ベビー

おしりふきとコットン

 

赤ちゃんのおしりふきについて、様々なものがあるのがご存知ですか。

一般的なものはウェットティッシュのような濡れたおしりふきです。

 

しかし通常のおしりふきだと冷たいことが多く、冬生まれの赤ちゃんや、冬に使用する場合には少し冷たいと感じることがあります。

そこで今回はお湯のおしりふきコットンについてご紹介していきますね。

 

お湯のおしりふきコットンは必要?

 

湯のおしりふきコットンが必要か必要でないかは、次のことを確認してみましょう。

 

  • 赤ちゃんのおしりが敏感肌
  • 赤ちゃんが冬生まれ
  • 赤ちゃんがお尻を拭くたびに嫌がっている

 

上記のような赤ちゃんの様子が見られたら、お湯のおしりふきコットンを使ってみましょう。

 

しかし上記のような赤ちゃんの様子が見られなかったとしても、ママが「お尻が冷たくてかわいそうだなぁ」と感じたときにはぜひ使ってみてもいいですよ。

私は子供が敏感肌だったのでお湯のおしりふきコットンも、一時期使っていたことがありました。

お湯のおしりふきコットンだと、赤ちゃんがお尻が温かく快適なほか、清潔であるというところもよかったです。

 

また、時間が経ってお尻にうんちがこびりついてしまった時でも、お湯のおしりふきコットンだと、ゴシゴシこすらなくてもスルリと取れたので、お肌にも優しいです。

 

お湯のおしりふきコットンの使い方をご紹介

 

まず用意するものは蓋付きのコットンケースです。

次にコットンを用意します。

コットンは薬局で簡単に手に入りますので、急になくなったとしても安心してください。

 

次にコットンをお湯で濡らし、蓋付きのコットンケースに入れれば完成です。

上記の方法だと、多少コットンが冷たくなってしまいますが、おしりふきよりは冷たくないです。

 

またコットンの温度を温かく保ちたいときには、ベビー用品が売っているお店に行くと、お湯のおしりふきコットンが売られていますよ。

自分でコットンを作るところの良い点は、荷物が減る事です。

おしりふきだとどうしても枚数が多くなってしまいますが、コットンだと必要な分だけ持っていけば良いのでとても楽チンです。

 

ただ用意する手間があるので、その点においては少し不便かもしれませんね。

赤ちゃんの快適さを取るのでしたら、やはりお湯のおしりふきコットンをおすすめします。

 

まとめ

 

今回はお湯のおしりふきコットンは必要なのか、またお湯のおしりふきコットンの使い方についてご紹介しました。

赤ちゃんの様子に合わせて、お湯のおしりふきコットンを検討してみてくださいね。

 

2019年6月17日子供, 子育て, 育児ベビー