飛行機内にミルクや水筒持っていってもいいの?赤ちゃんと飛行機に乗るときに注意すること

2019年6月15日子供, 子育て, 育児飛行機

飛行機にミルク

 

赤ちゃんを里帰り出産し飛行機を利用する場合や、赤ちゃんをミルクで育てていて、飛行機に乗って旅行する事はありますよね。

その時に飛行機の中に赤ちゃんの粉ミルクや水筒を持っていても良いのでしょうか。

今回は飛行機内にミルクや水筒を持っていってもいいのかについて書きますね。

 

飛行機内にミルクや水筒持っていってもいいの?

 

飛行機内にミルクや水筒を持っててもいいのかという疑問ですが、基本的に赤ちゃんのものであればもっていくことが可能です。

ですので粉ミルクと、粉ミルクを溶かすためのお湯を作って、手荷物検査で赤ちゃんと同伴できちんと受ければ、持ち込みはできます。

 

ただし1つ注意すべき点があり、粉ミルクをお湯で溶かして、溶かしたものを水筒に入れるという、作り置きしたものは持ち込めないことになっています。

ですのでミルクの作り置きをもって行くことはやめましょう。

 

またミルクは添乗員さんに頼めば調乳してくれます。

ですので粉ミルクと空の水筒を持っていき、飛行機内で添乗員さんにお願いすれば、水筒の中にミルクを入れて持ってきてくれるでしょう。

 

ただ添乗員さんも忙しい場合があったり、なかなか自分から頼みづらいという場合は、やはり最初から自分でお湯とを粉ミルクを用意しておくことが1番でしょう。

 

また国内では粉ミルクとお湯をもって搭乗が可能ですが、国外にお出かけする場合には注意が必要です。

中には持ち込みが制限されている国もあるのできちんと確認しなければいけません。

飛行機の中はとても乾燥しやすい環境にあるので、ミルク以外にもお水やお茶を持参すると良いでしょう。

 

低月齢であれば、お湯に砂糖を少し溶かしたものがオススメです。

水だと甘くなく、体月齢の赤ちゃんが吐き出してしまうことがあるので、少し甘い方が飲んでくれやすいのです。

また赤ちゃんの離乳食を持ち込むことも可能です。

赤ちゃんと一緒に手荷物検査を受け確認しましょう。

 

まとめ

 

今回は飛行機内にミルクや水筒を持っていっても良いのかについて書きました。

基本的に粉ミルクとお湯を入れた水筒であれば、持ち込みは可能ですが、国外に行く時であればきちんと確認する必要があります。

飛行機の手荷物検査はとても厳しいですが、事前にきちんと調べておけば怖い事はありません。

赤ちゃんとの飛行機は不安がたくさんですが、みんなやっていることなので、きちんと確認して、どうせなら楽しく赤ちゃんと飛行機に乗りましょうね。

 

2019年6月15日子供, 子育て, 育児飛行機