飛行機の中にパソコンの持ち込み台数は決まっているの?飛行機の中にパソコンを持ち込むには?

2019年6月24日仕事, 社会, 豆知識飛行機

パソコン

 

飛行機の中にパソコンを持ち込みたいと言う方は多いですよね。

仕事上でパソコンを使ったり、私用で使うこともあるかと思います。

 

仕事や私用でパソコンを使うときに、1台ではなく2台や3台パソコンを持つ方がいますよね。

飛行機の中にパソコンを持ち込むときに台数は決まっているのでしょうか。

 

飛行機の中にパソコンの持ち込み台数は決まっているの?

 

結論から言うと.飛行機の中にパソコンを何台でも持ち込む事は可能です。

ただし飛行機の中に持ち込む荷物の重さは決まっています。

ですので飛行機の中に持ち込む荷物の重さがオーバーしなければ、パソコンを何台持っていっても大丈夫です。

 

手荷物検査の時にパソコンを全て出して見せなくてはいけないので、パソコンも何台も持つと言う方は、あらかじめパソコンを取り出しやすいところに入れておくと良いでしょう。

パソコンをキャリーバックなどの預けるバッグに入れても良いのですが、自分の手で持った方が安全性は高いです。

 

キャリーバックなど大きい荷物を預けるときに、パソコンは精密機器なので壊れてしまうこともあります。

ですのでどうしても手荷物のほかに、違うバックにパソコンを入れて預けてもらう場合には、パソコンを厳重に管理しましょう。

 

例えば柔らかい毛布で包んだり、緩衝材を買ったり。

キャリーバックは思った以上に雑に扱われることが多いので、可能な限り自分の手で持つようにしましょう。

 

またパソコンを1台だけではなく何台も持つ方は、すべてのパソコンを機内モードにしておくか電源を切っておくようにしましょう。

飛行機の中でパソコンを使いたいときには、使うパソコンをあらかじめ機内モードにしておくと安心です。

 

飛行機の中では機内モードにしなければいけないので、うっかり機内モードにし忘れて搭乗しては大変です。

余裕を持っていくためにも家から出る前に、機内モードにしておくと安心でしょう。

 

そしてほとんどの航空会社では無料のWi-Fiが使えますので、とても便利です。

Wi-Fiが通っているので飛行機の中でもメッセージのやりとりが可能です。

仕事にパソコンが欠かせないと言う方でも安心してパソコンを使えますね。

 

まとめ

 

今回は、飛行機の中にパソコンを持ち込むときの台数は決まっているのかについてお話ししました。

パソコンを持ち込む台数は特に制限はありませんが、飛行機の中に持ち込む手荷物の重さが決まっていますので、持ち物の重さがオーバーしないように気をつけましょう。

そして持ち込むパソコンの全てを電源オフにするか機内モードにしておきましょうね。

 

2019年6月24日仕事, 社会, 豆知識飛行機