カラオケで歌いたい!定番秋の歌!カラオケ秋ソングランキングトップ10!

カラオケ秋ソングランキング

芸術の秋はやはり、音楽ですよね!

ここでは、秋をテーマとして定番秋の歌ランキングとして紹介します!

こんな歌もあったね!と思っていただけたのであれば、ぜひ、歌ってみてください。

 

~カラオケで秋といえばこの歌!?秋の定番ソングランキング~

 

カラオケで歌う秋の歌は思い浮かべば沢山ありますよね!

一気に10曲をドーンとランキングしていきますね!

 

①『コスモス (山口百恵)』(1977年10月リリース)

 

こちらは、かなりの名曲ですよね!

1位になってもおかしくありません。

母と娘の感謝の形が表れたような曲ですね。

嫁ぐ娘が、その前日に母親に「ありがとう」と感謝を伝えている情景の曲です。

 

そもそも「秋桜」と書き「あきざくら」と呼んでいたそうですが、歌謡曲大ヒットをおきに「コスモス」と読まれるようになったそうですよ。

 

②『奏 (スキマスイッチ)』(2004年3月リリース)

 

二度の映画主題歌となり、現代の名曲といっても良いでしょう。

遠く離れてしっまた恋人の情景が分かる曲ですよね。

 

③『楓 (スピッツ)』(1998年7月リリース)

 

1999年のドラマ(フジテレビ系)「Over Time-オーバー・タイム」の挿入歌としても使用されている楽曲です。

また、 2010年には「お母さんの最後の一日(ドラマスペシャル テレビ朝日系列)」の主題歌でもあり、人気のある楽曲ですよ。

  

 

④『木枯らしに抱かれて (小林今日子)』(1986年11月リリース)

 

こちらも有名で東映映画「ボクの女に手を出すな」の主題歌としてさらに、知名度を上げたのではないでしょうか?

声を張り上げず感情込めながら歌えるうたです。

 

⑤『三日月 (絢香)』(2006年9月27日リリース)

 

こちらは、若い世代には、特に人気の高い曲でしょう。

遠距離恋愛をテーマとした秋の切なさがジーンた伝わってきますよね。

綾香さんが上京をする際に大切な人への心情が歌詞に表れているようです。

曲名の「三日月」は携帯電話の形の比喩表現としてつけられたようです。

非常に深い意味がこの曲には感じられますね。

 

⑥『夜空ノムコウ (SMAP)』(1998年1月リリース)

 

SMAPの超名曲ですよね。夜空と秋が良く合わさるような素晴らしい曲ですよね。

音楽の教科書にも載っていますし、卒業式でも歌われる国民に愛される楽曲です。

 

⑦『風立ちぬ (松田聖子)』(1981年10月リリース)

 

この曲は本人がポッキーÇМに出演し、そのテーマ曲ですよね。

「エクボ 洗顔フォーム・ミルキィクリーム(資生堂)」のCMソングでもあります。

非常に有名な曲です。

 

⑧『C.O.S.M.O.S.〜秋桜〜 (三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)』(2014年10月リリース)

 

こちらは、大人の危険な恋とコスモスを重ねているような表現をしている、秋は秋でも少し、世界観が違い、味のある曲です。

 

⑨『茜色の約束  (いきものがかり)』(2007年10月リリース)

 

LISMOのÇⅯソングでおなじみではないですか?

結婚をテーマとした曲になっていますが、その中で「別れ」という言葉を使っており、しかし、それは離婚ではなく、死別という意味があるようなのです。

何とも深すぎる楽曲となってます。

 

⑩『今宵の月のように (エレファントカシマシ)』(1997年7月リリース)

 

こちらも有名な曲でフジテレビ系ドラマ『月の輝く夜だから』の主題歌になっています。

ぜひ、秋の一曲としてどうでしょうか?

  

~カラオケで意中の女性に捧げよう!秋だからこそ!女性に人気男性シンガーランキング~

 

こちらも非常に気になるところですよね。

「え?この人が?」とビックリする方もいるでしょうし、「やっぱりね!」と納得する方もいると思います。

  

  1. 『嵐』
  2. 『 BUMP OF CHICKEN』
  3. 『 L’Arr〜en〜Ciel』
  4. 『UVERworld』
  5. 『EXILE』
  6. 『ポルノグラフィティ』
  7. 『ONE OK ROCK』
  8. 『Mr.Children』
  9. 『ゆず』
  10. 『V6』

 

以上になります。お好みのアーティストはいましたか?

 

まとめ

 

秋の季節は非常に切ない季節ですが、私は9月生まれでもあり、秋は大好きです。

何か物寂しい季節だからこそ音楽が光る季節でもあるので、ぜひ、カラオケなどで歌ってみてくださいね!