プレステVRの使用感はどんなもの?私がプレステVRを使用してみました!

プレステVRの使用感

 

発売から少し経っていますが、プレイステーションでVRが発売されましたよね。

発売された当初は、「VRってどんなものなんだろう?」と、とても興味がわきました。

そしてついに、最近プレステVRを体験することができたので、プレステVRの使用感はどんなものなのか、私の体験談を書いていきます。

 

プレステVRの使用感とは!?

 

プレステVR、一言で言うとすごい!でした。

まず何がすごいのかと言うと、今まで体験したことのないような世界が広がっていたからです。

解像度はそれほど良くはないのですが、それでも本当に目の前の世界がリアルに感じて、ついつい手を伸ばしたくなってしまうほどです。

 

また、VRのソフトは比較的刺激的なものが多く、子供にはあまり向かない銃撃戦や、自分が刃物で刺されるという体験をするものもあります。

その刺激的な体験がまさに本物のようで、思わず身をよじってしまったり、びくっと反応してしまうこともあります。

 

また私が体験したプレステVRのお勧めのソフトは、天体が見れるというものです。

天体が見れるソフトは、全く刺激的なものがなく、子供でもとても楽しめると思います。

とにかく一度体験したら、はまってしまうこと間違いなしです。

 

VRを使うときに注意すること

 

VR酔いという言葉があるように、VRの中で乗り物に乗ったり動いたりすると、気分が悪くなることがあります。

私も実際に車に乗った体験をしたのですが、気分が悪くなってしまいました。

気分が悪くなってしまうことには理由があるようで、目では動いているのに実際は動いていないという錯覚で、気持ち悪くなるらしいです。

ですので普段から乗り物酔いしやすい方は気をつけてくださいね。

 

また、VRを長時間つけていると目が疲れます。

おそらくVRという体験に感動し、目を酷使するため疲れてしまうのだと思います。

VRを使うときは適度に休憩を入れるようにしてください。

 

またVRのヘッドセットはとても重たいです。

ですので長時間つけっぱなしにしていると頭が痛くなってきます。

VRは長時間つけていると、目が疲れたり頭が痛くなったりしてくるので、やはり休憩はこまめに入れるようにしてくださいね。

 

まとめ

 

今回はプレステVRの使用感はどういうものなのか、私が体験したものを書きました。

VRのヘッドセットはまだとても大きいですが、これからどんどん小型化していって最後にはメガネだけになってしまうかもしれませんね。

これからもVRがどのように変わっていくのか楽しみですね。

VRの使用方法をしっかりと守って、楽しくVRの世界に浸ってくださいね。