子供服のお下がりをもらったけどいらない…!子供服を上手に処分する方法とは?

2019年6月24日子供, 子育て子供服

子供服のお下がり

 

周りのお友達に子供が出来たり、甥っ子姪っ子が誕生し、しばらくして自分も子供を授かると、お下がりをもらう事はありませんか。

お下がりはとてもありがたいのですが、正直困ると言うママも多いようです。

理由としては自分の好きなものを着せたいのに、お下がりは子供がかわいそうなど思ってしまうからです。

 

しかし子供服のお下がりをもらったときに、関係上断りにくい場合もありますよね。

子供服のお下がりをもらったときには、どのように上手に処分すれば良いのでしょうか。

 

子供服のお下がりがいらないときには?

 

とりあえずいただいて写真を撮る

子供服のお下がりがいらないと感じてもなかなか断れない方は、とりあえずいただいて写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

とりあえずいらない服でも1回子供に着せて写真を撮り、その写真を機会があるときにいただいた方に送ります。

いただいた方にとってはちゃんと着てくれてる、という安心感を与えられますよ。

その後は良いものがあればそのまま使ってもいいし、気に入らなければ処分しても構わないかと思います。

 

厳選して後は処分する

おさがりの中にはとてもきれいなものや使い古したものがたくさんあるはずです。

私も以前お下がりをいただいたことがあるのですが、ズボンのひざの部分のプリントが明らかに擦れていて、あまり使いたくないなぁと思ってしまったのでそのまま処分しました。

一方でアウター等は綺麗な状態だったので、そのまま使わせていただきましたよ。

 

また子供に選ばせるのも良いかと思います。

「どれか気に入ったのがある?」と子供に尋ね、「これとこれがいい!着てみたい」と言うのであれば、そちらを残して後はリサイクルショップに売ってしまうのも手です。

 

上手く断ってお返しする

「実は他の人からもお下がりをたくさんもらってしまって…。」

など上手に断ってしまうのもいいですね。

「両親が孫の誕生を楽しみにしていてたくさん服を買ってしまった」など相手が気分を損ねないような理由であれば断っていいと思います。

また、一度もらってその後で、「1回着せてみたんだけどうちの子にはちょっと合わなかったわ」と言ってお返しするのも良いでしょう。

 

まとめ

 

今回は子供服のお下がりがいらないときの上手な断り方についてご紹介しました。

子供服のお下がりはときには嬉しいですが、少し困ってしまうこともありますよね。

今回ご紹介した方法で子供服のお下がりをうまく断ったり処分しましょう。

 

2019年6月24日子供, 子育て子供服