水切りカゴは必要?不必要?どちらの生活もして感じたこと

キッチン, 掃除

水切りカゴ

 

最近はものを減らすと言うことが流行っています。

その中でもキッチンはものがごちゃごちゃしているととても危ないですし不衛生ですよね。

 

その中でも水切りカゴは、キッチンの中でも大きな場所を占めます。

私は水切りカゴをずっと使っているのですが、水切りカゴがない生活をしてみたいなーと思い、一度なくしてしまったことがあります。

今回は水切りカゴがある生活、水切りカゴがない生活、どちらも通じて感じたことを書きますね。

 

水切りカゴは必要か、不必要か?

 

まず水切りカゴを撤去するにあたって、買ったものがあります。

それは吸水マットです。

 

水切りカゴがないと、洗い物をした後にどこに食器を置くかという問題が出てきます。

吸水マットであれば、水をすぐに吸収してくれ食器をすぐに食器棚に入れることができます。

吸水マットは洗い替えを含めて3枚購入しました。

 

まず水切りカゴをなくしてよかったなぁと思ったことは、とにかくキッチンが広くなったことです。

調理台の半分を占めていた水切りカゴ。

調理を始めるたびに水切りカゴをどけるという作業がなくなり、ストレスフリーになりました。

 

しかしながら、しばらくとても快適だったのですが、忙しい日には水切りカゴがないと対応できなくなっていました。

それは何故かというと、水切りカゴがあれば洗い物をして水切りカゴに食器を置き、そのまま乾かすことができますが、吸水マットに食器を置くと、調理するときに食器を全て食器棚に戻さなくてはいけないからです。

水切りカゴであれば水切りカゴの中に食器が入ったまま、一度によけることができます。

ですので調理を始める前に一手間かかるのです。

 

また、私は良かったのですが、家族が使いにくいと反論を受けました。

私の家では、キッチンは私以外にも主人や子供たちがたまに使う場所でもあり、水切りカゴがないとどうやって食器を置いたらいいかわからない、というクレームが来てしまったのです。

 

さらに吸水マットは汚れたら洗濯するのも大変でした。

普段着や下着と一緒に洗濯機に回すのはなんだか気が引けたし、かといっていちいち漂白につけてはとても時間がかかりました。

結局一度水切りカゴを手放したのですが、やはり水切りカゴは私の家では必要になり購入し直しました。

 

しかし水切りカゴをいちどなくした生活で得たものもあります。

それは水切りカゴを銀色のものにしようと思ったことです。

プラスチック製の水切りカゴだと、カビが生えやすく、すぐにヌメヌメとしてしまいます。

しかし銀色だと、たまに掃除すれば大丈夫なのです。

私には水切りカゴは必要という結果になりました。

 

まとめ

 

今回は水切りカゴは必要か、不必要かについて私が感じたことを書きました。

私は水切りカゴが必要だと思いました。

水切りカゴが必要か、不必要かについては、ご家庭の生活スタイルによって変わってきます。

 

私は水切りカゴがないと生活できませんでしたが、水切りカゴがなくても生活している方はたくさんいます。

また別のもので、必要か不必要かについて色々と考えていきたいなと感じました。

 

キッチン, 掃除