日焼けしたくない!日焼けをしないための対策とは?

健康, 美容, 豆知識

日焼けをしないための対策

 

夏になると誰もが気になる日焼け。

特に女性は、長い間日光を浴びていると、シミができやすく気になるので、日焼けにはとても気を使いますよね。

今回は絶対に日焼けをしたくない人に向けて、日焼けをしないための対策をご紹介しますね!

 

日焼けをしないための対策

 

サングラスをかける

 

実は長袖長ズボンを着ていても、目から太陽の光が入ると、日焼けをしてしまいやすいというデータがあります。

ですので、目からなるべく紫外線を入れないために、サングラスをかけることをおすすめします。

 

また、私はいつもコンタクトをつけているのですが、コンタクトにはUVカットがあるものがあり、コンタクトしていればサングラスをかけなくても大丈夫なことがあります。

もし日ごろからコンタクトをつけている方は、自分の使っているコンタクトにUVカットが使われているかどうか確認してみるといいですね。

 

日傘をさす

 

日焼けをしないために、日傘をさすのもいいですね。

ただ日傘は荷物になってしまうし、歩くときにちょっと邪魔になってしまいますよね。

 

また男性が日傘をさすのは少し抵抗があります。

最近では男性でも日傘をさしてもいいじゃないかという運動が行われているそうですよ。

日傘は荷物にはなりますが、かんかん照りの日には重宝します。

 

私は男性が日傘をさしていても全然おかしくないと思います。

男性の方も最近はスキンケアを大切にする人が増えているので、男性もあまり抵抗することなく、日傘をさしてお出かけしてみてはどうでしょうか。

 

日焼け止めを塗る

 

日焼け止めは女性の必須アイテムです。

夏だけでなく冬にも使う方は多いですよね。

 

日焼け止めは、さらっとしたものやしっとりとしたものが売られているので、自分の好みに合わせて買ってみましょう。

私の子供は帽子をとても嫌がるので、日焼け止めをいつも塗ってあげています。

子供用の日焼け止めが売られているので、子供の日焼けが気になる方はぜひ使ってみてください。

 

帽子をかぶる

 

帽子をかぶることも日焼け対策になります。

帽子はなるべくつばの広いものであれば、日陰ができやすいので女性の方にはオススメです。

 

男性の方でも、ハットやキャップをかぶるだけで全然違いますよ。

かんかん照りの日には、帽子をかぶるのとかぶらないのとでは全然違います。

目元に少しでも日陰があるだけで目が楽になります。

帽子はおしゃれにもなりますし、お気に入りのものを見つけてみてくださいね。       

 

まとめ

 

今回は絶対に日焼けをしたくない方に、日焼けしないための対策をご紹介しました。

これから夏本番です。

日焼けをしないためにも、今回ご紹介した方法で暑い夏を乗り切りましょう。

 

健康, 美容, 豆知識