風邪を引いてしまった!風邪を早く治す方法は?

体調, 健康, 生活, 豆知識

風邪を早く治す方法

風邪を引いてしまうと、長引いてしまう事も多いですよね。

気をつけているつもりでも、毎年のように風邪を引いてしまうという方もいらっしゃるかと思います。

家族と一緒に暮らしている方は、家族の誰かが風邪を引いてしまうと移ってしまい気付いたときには家族全員で風邪を引いていた、という方もいるでしょう。

風邪を引かないのが一番良いのですが、風邪を引いてしまったらどうしたら早く治るのでしょうか。

今回は、風邪が長引いて困っているという方へ、風邪の予防法法と風邪を早く治すための方法についてご紹介します。

 

やっぱり風邪を引きたくない!風邪の予防法は?

 

風邪をひかない、というのが一番ですよね。

風邪を予防するための方法はいくつかあります。

有力な物をいくつかご紹介していきます。

 

マスクをして手洗いうがい

 

仕事や学校など公共の場所に毎日行くと風邪を移されてしまう可能性が高くなります。

人混みにいかないのが一番良いのですがそういうわけにもいかないので、人の多い場所に行くときにはなるべくマスクをして菌をブロックしましょう。

そして、帰ってきたら真っ先に手洗い、うがいをすることを習慣化してください。

 

運動をする

 

定期的に運動をして体力を付けておくことも風邪予防には効果的だと言われています。

ウォーキングなど簡単にできて続けられることをするのがおすすめで、心肺機能を高めることで風邪への抵抗力がつくのです。

朝少し早めに起きて、会社に行く電車を一駅前で降りて歩くのも良い方法かと思いますし、エスカレーターではなく積極的に階段を使う、というのも大変おすすめです。

 

しっかりと睡眠を取る

 

睡眠は風邪予防のためにとても大切なことです。

風邪に対応するための免疫力をコントロールしているのは自律神経です。

これは睡眠にとってバランスが保たれているのです。

睡眠がしっかり取れないと免疫が下がり、風邪を引きやすい体になってしまいます。

毎日寝る時間を決めて夜更かしをなるべくしないようにしましょう。

 

栄養をとる

 

毎日の食生活も気をつけましょう。

ビタミンやタンパク質など栄養価の高い食材を取り入れて、免疫を高めましょう。

栄養が偏ると風邪を引きやすくなるだけではなく肌荒れの原因にもなります。

バランスの良い食事を意識するとともに、温かい飲み物を飲むことも心がけましょう。

体温を上げると免疫機能も高まるようです。

 

 

仕事に響かせたくない!どうしたら風邪を早く治せるの?

 

風邪が長引いてしまうと、学校や仕事を休むことになってしまい、授業について行けなくなってしまったり仕事が遅れたりと、良いことはないですよね。

風邪を引いたとしても出来るだけ早く治して復帰したいものです。

風邪を早く治すにはどのような方法があるのでしょうか。

 

安静にする

 

風邪を引いても少しくらい大丈夫だと過信して、無理をして仕事に行くという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、この無理をすることで体がついていけずにますます悪化してしまうこともあるのです。

風邪は寝て治すのがよいと昔から言われていますが、やはり休養は早く治すために

大切なことです。

寝るときには、のどの粘膜が乾燥するとウイルスが体内に侵入しやすくなってしまうので湿度を60から80%くらいに設定しましょう。

 

体を温める

 

風邪のウイルスは熱に弱いです。

体を温めた方が、ウイルスの排除も簡単になるのです。

体を温めて体温が上がることによって血行が促進されて、さらに自然治癒力も向上するため、回復しやすくなります。

 

 

まとめ

 

今回は、風邪を引いてしまう前にできる予防法と風邪を引いてしまったときの早く治す方法についてご紹介しました。

よく風邪を引いてしまい悩んでいるという方はぜひこれらを実践してみてくださいね。

 

体調, 健康, 生活, 豆知識