バンダナの活用法!バンダナをおしゃれに使いこなそう!

アイディア, ファッション

バンダナの活用法

 

おしゃれのひとつとして注目されている「バンダナ」。

女性であれば持っているかたも多いのではないでしょうか?

 

しかし、いまいち使い方が分からなくてタンスの肥やしになっている…なんてことはありませんか?

自宅に埋もれているバンダナを取り出して、せっかくなので活用しましょう!

これからバンダナのおしゃれな活用法をご紹介しますね。

 

バンダナをおしゃれに活用しよう!

 

どんなバンダナを選んだらいいの?

 

バンダナは沢山の種類があり、色も豊富です。

バンダナといえば定番はペイズリー柄です。

 

しかし、よく探してみると実にいろんな柄が取り揃えられているのです。

地図のようなネイチャー系のプリントがされていたり、花柄だったり、ボタニカル柄やギンガムチェック柄などなど。

 

また、派手な柄や色の多いイメージのバンダナですが、黒やシルバー一色のバンダナもあり、落ち着いた色合いのものもあるのです。

自分からの好みの色や柄が絶対に見つかるので、ぜひ探してみてくださいね。

 

普段、落ち着いた柄や色の服を着ているかたは、派手目なバンダナを選びます。

逆に、普段派手な柄や色を服を着ているかたは、柄がないものや落ち着いた色のバンダナを選ぶと失敗しません。

 

また、バンダナの基本的なサイズは50センチメートルですので、目安として覚えておきましょう。

基本的なサイズだと、バンダナの活用方法が広がります。

50センチメートルより小さいバンダナや大きいバンダナもありますが、使いにくいことがあるので、まず初めて買うかたであれば、基本的なサイズのバンダナを買いましょう。

 

初心者は顔から少し離してバンダナを使おう

 

バンダナをいきなり使いこなすのはなんだか抵抗がある。

そんなときは最初は顔から離して使うことをおすすめします。

 

たとえば、バッグの持ち手に巻き付けたり、ショルダーバッグの部分に付けたり、パンツのポケットに差し込んで色にアクセントをつけたり。

ベルトループに巻き付けたりしてもいいですね。

 

私がよくやるバンダナ活用法は、ポニーテールのゴム部分に巻き付けることです。

バンダナの端をたらすように巻くと、リボンのようになりとても可愛らしい印象になりますよ。

 

また、カチューシャのようにバンダナを使うのもおすすめです。

夏場など額の汗もとってくれるので、とても役に立ちますね。

バンダナに慣れてきたら、首に巻いたり手首に巻いたりしましょう。

 

まとめ

 

今回はバンダナをおしゃれに活用する方法をご紹介しました。

バンダナはさまざまなおしゃれを手助けしてくれる万能アイテムです。

ぜひ、使いこなしておしゃれさんになりましょうね。