どうしてこんなに眠いの?春に眠くなるのはなぜ?

仕事, 健康, 生活, 社会

春に眠くなるのはなぜ?

 

だんだん暖かくなってくると、朝起きてもぼーっとしたり、ポカポカで気持ちよくて、仕事中もウトウト。

春って眠くなりませんか?

私は昼下がりに子どもと昼寝する時間が最高に幸せなのですが、春ってとてつもなく眠気に襲われます。

どうして春はこんなに眠くなるのでしょうか?

 

春に眠くなるのはなぜ?

 

寒暖差の影響

 

春は朝晩は冷え込み、昼間はグっと気温が上がります。

10度以上もの寒暖差があると、自律神経が乱れやすく、肩こりやめまいなどを引き起こします。

よって、やる気が起きなくなり、だるくなってしまいます。

 

さらに、日照時間も日によって違うので、朝の日差しが入ったり入らなかったりで、目覚める時間がバラバラになりがちです。

すると寝不足になってしまい、日中に眠くなってしまうのです。

春は布団から出るのが大変ですよね。

目覚まし時計の音がいつまでも鳴らなければいいのにー!なんていつも思っています。

 

気圧の影響

 

春は「移動性高気圧」が頻繁に出てきます。

高気圧のあとには低気圧がくるのですが、高気圧と低気圧が交互にやってくるのが春の気候の特徴です。

低気圧の影響を人間が受けると、リラックスモードに入るので眠くなります。

 

高気圧と低気圧の入れ替わりが目まぐるしくなると、昼間でも眠い状態が続き、だるくなったりやる気をなくしたりするのです。

晴れている日より雨や曇りの日のほうが、ぼんやりしたり、やる気が出なかったりしませんか?

曇っている日は低気圧が優勢なので、だるくなってやる気をなくしてしまうのです。

 

新生活でのストレスの影響

 

春は入学や異動など人や環境が大きく変わる季節です。

新しい場所、新しい出会いは新鮮ですが、疲れてしまうこともあります。

気づかないうちにストレスをためていて、夜になっても深く眠れなかったり、眠ることができなかったりします。

 

私も社会人のころは春によく風邪を引いていましたね。

いろんな変化があって、毎日家に帰るとクタクタでした。

それだけ新しい環境は精神を使うのですね。

体は疲れているのに、新しい環境での慣れないことばかりで、悩みも多く、眠れないことがありました。

 

まとめ

 

今回は、どうして春に眠くなるのかについて書きました。

春はいろんなことが新しくなり、無理をしがちですが、あまり根をつめないでくださいね。

せっかく暖かくなってくる春なので、外の空気を胸いっぱいに吸って、気分をスッキリとさせましょう!

 

仕事, 健康, 生活, 社会