子どもの発達障害に農薬が原因?子どもを守るには?

子供, 子育て, 育児

子どもの発達障害に農薬が原因?

 

最近では、子どもの発達障害について、さまざまな名称がつけられるようになりました。

その発達障害の中でも、先天的なものもありますが、後天的なものとして最近疑われるようになったのが「農薬」です。

農薬や大気汚染などの有害物質により、流産してしまったり、胎児が健康的に育たなかったり、がんや子どもの発達障害に深く関係しているのです。

大きな問題ですよね。

そこで今回は、農薬と子どもの発達障害についての関係性を深く掘り下げていきます。

 

農薬がどうして子どもの発達障害に関係しているのか

 

人間の脳は神経細胞の集合体で、シナプスと呼ばれる結合でできています。

神経細胞はさまざまな信号を受け取っていて、信号をシナプスで神経伝達物質に変換しています。

この伝達物質を阻害するのが農薬です。

 

どういう阻害をするのかというと、誤った情報を神経伝達物質として送ってしまうのです。

誤った情報伝達により、脳細胞の発達がもっともおこなわれる赤ちゃんから幼少期の子どもが犠牲になります。

赤ちゃんや子どもの神経細胞が農薬により正常に細胞分裂していかなくなり、脳が正常に発達しなくなり、発達障害になるというわけです。

 

まさか、という気持ちですよね。

私も農薬が子どもの発達障害に関係していると思ってもみなかったです。

恐ろしいことですよね。

 

農薬から子どもたちを守るためには?

 

農薬は、野菜を作ることには欠かせないものです。

しかし、農家の方々は農薬がないと、商売になるものができません。

形がバラバラだったり、虫食いがあったりしたら、野菜を買いたいと思いますか?

消費者は、お金を出して買うからには、やはり見た目が美味しそうな野菜を買いたいと願っています。

 

ですから、美味しそうな野菜を売るには農薬は必須なのです。

スーパーでは、恐ろしいほど形のととのった人参や、全てがほぼ同じ大きさのじゃがいも、虫食いひとつ見当たらない葉物野菜が売られていますよね。

一見すると、なんて美味しそうなんだろうと思います。

 

しかしよく考えてみれば、きれいな野菜なんて自然にできるものなのでしょうか?

美味しそうな野菜にはたくさんの農薬が使われています。

むしろ、農薬を使っていない野菜のほうが少ないですよね。

 

私の近所のスーパーでは、たくさんの野菜が売られているコーナーの少し横に、ちょこんと無農薬の野菜が売られているコーナーがあります。

生産者の顔がはってあり、少し値段は高いですが安心できるなぁと思います。

離乳食作りにはよく利用していました。

私たちが子どもを農薬から完全に守ることはできませんが、意識して無農薬の野菜を選ぶことはできます。

無農薬のものをたくさんの方々が買えば、無農薬が主流の世の中になります。

 

まとめ

 

今回は、農薬と子どもの発達障害についての関係性を深く掘り下げていきました。

無農薬の野菜をスーパーで見つけたら、意識的に買うように心がけましょう。

子どもの健康は、親がしっかりと守り、子どもの発達障害をなくしていきましょうね。

 

子供, 子育て, 育児