イソフラボンで体毛抑制?!気になる真相は?

体調, 健康, 美容

イソフラボンで体毛抑制

みなさんは、イソフラボンに体毛を抑制する効果があるということをご存じでしょうか。

体毛にはホルモンバランスが大きく影響しているため、イソフラボンの摂取によって体毛を薄くしたり減らしたりする効果が期待できるのです。

手軽に取り入れられる物で体毛抑制が出来たら嬉しいですよね。

今回は、体毛のメカニズムや体毛抑制になぜイソフラボンが良いとされているのかについてご紹介します。

 

体毛はどのようにして作られているの?

 

体毛のメカニズムは、生えては抜ける、ということを繰り返し、しばらく休んでまた生えるということを周期的に繰り返しています。

体毛の発生源は毛母細胞という場所にあります。

この毛母細胞がどんどん分裂を繰り返すことで、これが毛になり皮膚の外まで伸びていくという仕組みです。

 

体毛を薄くするにはどんな方法があるの?

 

では、体毛を薄くしたいという場合にはどんな方法があるのでしょうか。

 

男性ホルモンを抑える

体毛の濃さや太さには男性ホルモンが大きく関わっています。

男性ホルモンを抑制して女性ホルモンを増やすと、体毛が薄くなります。

ですから、大豆イソフラボンやビタミン類が含まれる食事を取ることや、質の良い睡眠、ストレスを上手に発散することなどを意識して、女性ホルモンを促進するのです。

 

脱毛器を使う

これが一番シンプルに毛を薄くする方法です。

脱毛サロンに、毛の生え替わる周期に合わせて通い、レーザーを照射することで短時間かつ高い脱毛効果が期待できます。

しかし、脱毛サロンに長い期間通うにはやはりお金がかかってしまいます。

ですから、自宅で手軽に脱毛したいという方には家庭用脱毛器がおすすめです。

人目を気にせず好きな時間にできるというのが家庭用脱毛器のよいところです。

 

イソフラボンはどうして体毛抑制に効果があるの?

 

ここで本題のイソフラボンと体毛抑制との関係について見ていきます。

まず、イソフラボンとエストロゲンとよばれる女性ホルモンは、大変似た化学構造をしています。

そのため、イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じようなはたらきをしてくれるということで注目を浴びています。

先ほど説明したように、体毛が増えたり濃くなったりする原因として、男性ホルモンの分泌量が多いことが挙げられます。

ですから、イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの割合を増やし、ホルモンバランスを整えると、最終的に体毛を抑制することが出来るという仕組みです。

 

まとめ

 

今回は、イソフラボンには体毛を抑制する効果があるということをご紹介しました。

体毛を抑制するにはホルモンバランスが重要です。

イソフラボンのみに頼るのではなく、普段から健康的な生活習慣を心がけるようにしてくださいね。

 

体調, 健康, 美容