最低限のテーブルマナーとは?テーブルマナーの基本を知っておこう!

料理, 社会, 豆知識, 食事

テーブルマナーの基礎

大人になると、かしこまった場所で食事をする機会が増えますね。

しかし、増えるといっても頻繁ではないので、自分の身にならないうちに忘れてしまいます。

 

そこで、最低限のテーブルマナーを知って、大人として振る舞いたいですよね。

今回は、テーブルマナーの最低限の基本をご紹介しますね。

 

テーブルマナーの基本

 

ナプキンの使い方

 

まず席に着くと、ナプキンが目に入りますよね。

ナプキンはワインが注がれるときに広げます。

 

ただ、乾杯で一度席を立つときは、ナプキンを置かなければいけないので、大変ですよね。

その場合は、乾杯が終わって席に着くタイミングでナプキンを広げて大丈夫です。

ナプキンを広げるときは、自分から率先して広げるのではなく、主賓が広げてから広げるとよりスマートで美しいですね。

 

ナプキンを広げたら、半分に折って、折り目を自分に向けて置くようにしましょう。

口や手を拭くときは、折った内側で拭けば、洋服が汚れません。

 

ナプキンは基本的に口と手を拭くものなので、テーブルやカトラリーなどは拭いてはいけません。

テーブルから離れるときはナプキンを背もたれにかけましょう。

テーブルに置くことはマナー違反です。

 

また、食べ終わって最後に席を立つときは、イスの上に置きます。

イスの上にナプキンを置くときにはきれいにたたまずに、ある程度無造作にたたむのがマナーです。

きれいにたたむと、「食事やサービスに満足しませんでした」という合図になるので、ある程度適当にたたみましょう。

 

グラスの使い方

 

グラスがたくさん並んでいることが多いですが、1番大きいグラスは水を飲むためのグラスです。

また、乾杯用のグラスは乾杯をするときに、グラス同士をぶつけないのが本当のマナーです。

お酒が飲めない方でも、乾杯のときには乾杯グラスを持って、乾杯するのがマナーです。

うっかりソフトドリンクを持たないようにしましょうね。

 

料理のいただき方

 

カトラリーは外側から使っていきます。

料理は同じテーブルの人の料理がそろってからいただくようにしましょう。

 

また、同じテーブル内で上司や先輩かいるときには、上司や先輩が料理を食べ始めてから食べるようにします。

食事のペースは周りと合わせてゆっくりと楽しみましょう。

 

まとめ

 

今回はテーブルマナーの最低限の基本についてご紹介しました。

あらたまった場所でのお食事は緊張しますが、最低限のテーブルマナーを守れば大丈夫です。

ぜひ、楽しいひとときをお過ごしください。

 

料理, 社会, 豆知識, 食事